~ 2級FP技能士 独学合格への道 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2級FP技能士 まるっと合格! 「目 次!」の巻

中野克彦の2級100日合格プランニング
現役講師 の 中野克彦 が FP2級 を 独学 で まるっと合格 させてみせます!
 待望?の2級FP技能士試験対策の学習法の、うんちくコーナーです。

この連載は直近に3級FP技能士試験を受けたなどの3級の学習者で、すぐさま次の2級FP技能士試験にチャレンジしようという、熱い心の持ち主を対象としたものです。

さて、では下記が「まるっとわかる!3級学習者のための2級100日合格プランニング」の目次です。このページを起点にすると、楽に読み進めていけます。

ぜひ、3級だけでなく2級FP技能士も手に入れましょう!


目 次




       第1回 合格目標は80%!

       第2回 テキストは、買うな!開くな!読み始めるな!

       第3回 過去問題の印刷から始めよう!

       第4回 工作はその作業に意味がある!

       第5回 カテゴリー分けは過去問分析の第一歩!

       第6回 過去問題集の調達!

       第7回 過去問題の最短攻略、いよいよ始動!

       第8回 独学者には独学者の学習法がある!

       第9回 いよいよテキスト購入!その選び方は?

       第10回 テキスト有効活用の決め手は、カテゴリー分けファイルにあり!

       第11回 悪あがきのすすめ!

       第12回 もっとも危険な1ヶ月の過ごし方!

       第13回 ついに公開!実技試験学習法!

       第14回 2級?3級の引き算!それが今やるべきこと!

       第15回 原点に立ち返れ!80%の問題を80%正解できれば合格できる!






スポンサーサイト

テーマ : FP資格独学取得
ジャンル : 学校・教育

まるっと合格!第15回 「原点に立ち返れ!80%の問題を80%正解できれば合格できる!」の巻

中野克彦の2級100日合格プランニング
現役講師 の 中野克彦 が FP2級 を 独学 で まるっと合格 させてみせます!
いよいよ試験です!

いい意味で緊張してください。適度な緊張は試験に好影響を及ぼします。しかし、緊張のしすぎは逆効果。どちらかというと後者の方が多く、どう緊張を和らげるかのほうが重要なテーマ化もしれないですね。


          ↑
        100%│       ┌─┐       
          │      ┌┘ └┐      
          │     ┌┘   └┐     
          │    ┌┘     └┐    
      出せる力│   ┌┘       └┐   
      (結果)│   │         │   
          │  ┌┘         └┐  
          │  │           │  
          │ ┌┘           └┐ 
          │┌┘             └┐
         0%└┴───────────────┴─→
           低い     緊張度     高い


上記のグラフのように、適度な緊張感が最も効果的なんです。緊張が高すぎても低すぎてもいけない。適度な緊張感が高い効果を及ぼします。

これはテレビでやっていたことですが、あのイチロー選手は日々同じトレーニングを繰り返し、バッターボックスに立つときも、いつも同じ手順で動作を行い構えます。これは、同じ動作を繰り返すことで、平常心を取り戻し、適度な緊張感を保つためのものだそうです。そうすることで、もちうる力を100%出し切る訳です。

私たちが簡単にイチロー選手のまねをできるとは思いませんが、同じ動作を繰り返すことで高まりすぎた緊張度を和らげることができるのであれば、これは参考にしない手はありません。


では、試験での同じ動作とはどんなことなのでしょうか?

試験に合格するための重要な要素は、学習内容の全体像の理解と、キーワードの暗記の2点に尽きます。

ただやみくもに暗記しても、問題分からその内容を引き出すことはそう簡単ではありません。制度の仕組みや体系を理解することで、記憶した内容に見出しをつけていくわけです。これをやるのが試験勉強。

そして必要な見出しはどんなものがあるかを知る方法が、過去問演習。出題されたところの見出しを埋めていく作業が最も効率的なわけです。そこでこの「まるっと合格!」でお勧めしてきたのが「カテゴリー分けファイル」の作成です。

これを作成された方は、試験日まで繰り返し繰り返し確認してください。カテゴリー分けされた問題には、×問題であればどこが間違っているのか、またポイントは何かがメモしてあるはずです。それを繰り返し正確に頭に入れていくんです。

特に、3級で学習せず、2級から新たに学んだところについては要注意です。

この作業を試験日まで続け、そして試験当日の試験会場に入り席に座ってからも同じことをするんです。きっと適度な緊張感が保てるはずです。


FP技能士の試験は学科も実技も60%合格です!

つまり、周りのひとたちはライバルではないんです。全体の平均点が高かろうが低かろうが、自分が60%以上正解すれば合格するんです。自分との勝負です。

隣の人が自分よりも早く問題用紙のページをめくったって気にする必要なんてありません。ちゃんと勉強していれば、時間はかなり余るはずです。大切なのは60%以上正解することです。


「まるっと合格!」は、第1回目の「合格目標は80%!」というテーマでスタートしました。試験勉強は100点を取るつもりで行うのではなく、80%を得点できるような勉強をすることが大切だと書いてきました。

試験当日はこうです。

80%の問題を、80%正解できれば合格できる!


これを信じて臨んでみてください。80%×80%を計算すると64%です。これで合格できるんです。

学科試験でいえば60問出題されます。60問×80%=48問です。逆に見れば、12問は、見たことも聞いたこともない問題がでて全くわからなかったとしても、極論、捨ててしまってもいいわけです。

さらに残りの48問のうち80%を正解、つまり20%を間違えてしまっても、それ以外が正解なら合格できるんです。


分からない問題、できない問題があるからといって試験中に動揺することなんてありません。カテゴリー分けファイルを作成し、直近3回の過去問題をしっかりと学習してきた人であれば、80%の80%の問題は解けるはずです。

高得点を目指すのではなく、合格を目指してください。

ファイナンシャル・プランナーの学習内容は、私たちの生活にとても関わりが深く、興味関心の高い内容が他の資格試験に比べると比較的多いので、いろいろ知りたくなりますが、それは合格してからでも遅くはありません。

ファイナンシャル・プランナーの勉強は、本当は資格を取得してから始まるといっても過言ではありません。それは日々制度等が改正され、変化していくからです。ほっておくと、どんどんと錆ついてしまいます。情報を更新していく学習が求められます。

ファイナンシャル・プランナーの資格は、その維持・継続がなかなか大変ですが、必ず私たちのこの先の人生において、役に立っていきます。これは私の実体験でもあります。それゆえに、資格学校の現役講師が、「独学で・・・合格・・・」などという、自分の仕事と逆行するようなブログを、個人的にではありますが行っているわけです。

「まるっと合格!」を最後までお読みいただいた皆様が、全員合格され、2級FP技能士として活躍されることをお祈りしております。

その際、私を見かけましたらぜひ声をかけていただけると幸いです。
4か月弱ではありましたが、いろいろありがとうございました。


試験まで、あと3日・・・



<目 次>

テーマ : FP資格独学取得
ジャンル : 学校・教育

まるっと合格!第14回 「2級?3級の引き算!それが今やるべきこと!」の巻

中野克彦の2級100日合格プランニング
現役講師 の 中野克彦 が FP2級 を 独学 で まるっと合格 させてみせます!
ついに試験直前になりました!

そんなことは、試験を受けるみなさまが一番承知していることですよね。蛇足でした。
しかしながら、この冒頭を見た方の感想は、次の3つのタイプに分かれたのではないでしょうか。

  タイプ1:「いままで勉強したことを本番で100%発揮できれば合格できるはずだ!」

  タイプ2:「少し勉強不足!だけど今、何を勉強したらいいのかわからない」

  タイプ3:「正直、試験を受けようかどうしようか迷っている。次の試験にしようかな?」

いかがでしょう。多くの方は「タイプ2」といったところでしょうか。


<タイプ1の人の直前対策>

力を発揮できれば・・・とはいうものの、不安は他のタイプの人と同様にあると思います。そこでついついやってしまいがちなのが、新たな問題集を買ってみたり、2級の参考書の重箱の隅に書いてあるようなことを勉強してしまうことです。

そんな勉強をしては、駄目、ダメ、だめ!!

基本は「学習範囲を広げない」「細かい部分を追求しすぎない」の2点です。今まで学習してきたこと以外は、やってはいけません。

やるべきことは、制度のしくみや全体像、そして暗記すべきキーワードや数字を正確に理解しているかの確認を繰り返しすることです。

過去問題もできる限りトライしたはずです。その積み重ねを信じて「正確性」を高めることです!

あとは、健康管理です。ありきたりのことを書いてしまいますが、夜型の人は朝方に変え、必ず朝食をとるようにしてください。試験当日の昼食はできれば持参しましょう。



<タイプ2の人の直前対策>

「なにを勉強したらいいのかわからない・・・」

試験直前になると誰もが陥ることです。本当は何をやればいいのかはわかるんだけど、残りの時間を考えるとそれは無理、といったところでしょう。

このブログを読まれている方は、そのタイトルからも分かるとおり「3級学習者」です。つまり、自分はタイプ2かな?、と思ってここを読んでいるみなさまがやるべきことは、

2級?3級 → その学習内容

これを再確認することです。

だって、考えてもみてくださいよ。3級で学習せず2級で新規に学ぶ分野は出題されやすいに決まってるじゃないですか。6科目それぞれについて、

   ・2級で初めて学習したところ
   ・3級で学習したがより深い内容になっているところ

を、まとめていってください。

もちろん、テキストを見ながらやるのではないですよ。直近3回分の過去問題を見ながら、3級と比較して「学習範囲が広がった問題」「より深い学習内容が求められている問題」をみながら、ノートに整理するときにテキストを活用するんです。


そしてまだ時間があるようだったら、3級の過去問を解いてみてください・

    3級の過去問!?

そうですよ、3級の過去問です。2009年5月試験だけでいいですよ。学科と実技ね。3級合格から連続して2級にチャレンジしている方は、受検した問題ということです。でも正しい解説は読んでませんよね? そこで、下記の「3級合格ブログ」をクリックして活用してください。

    3級合格ブログ 2009年5月学科試験 ライフ(1)

あとは、3級ブログに行ったら上部にある「次へ」をクリックしていき、最後まで問題と解説を確認してください。当然、解けないと駄目ですよ。引っかかったところは、2級のテキストですぐに確認してください。スグにですよ。

あとは、タイプ1の人と同様に健康管理には気をつけてくださいね!



<タイプ3の人の直前対策>

絶対に試験は受けに行くこと!! せっかくお金も払ったんですしね。それにまだ諦めるのは早いんです。一点集中突破を狙っていきましょう。

2級の試験は言わずと知れた6科目です。そのうち、自分の好きな3科目を選んでください。できれば実技試験で出題されないリスク管理以外で。

で、今日から試験日まではその3科目以外は勉強しない。そして直近3回の学科試験の過去問演習に残ったパワーをすべてつぎ込んでください。

次に、その勉強法を伝授します。

学科の3科目のみで行きますよ。もちろん、直近3回分がその対象になります。1科目あたり当然30問になります。それぞれ4択なので、120問です。選択肢は○問題と×問題があります。

ノートを用意して、解答・解説をみながら、○問題はそのまま×問題はすべて○問題に書き換えて、ノートに書いていってください。これで、ノートに書いた選択肢はすべて○問題ということになります。そして重要そうなキーワードや数字にマーカーを引いていってください。これを3科目分やって、あとは繰り返しノートをみて、そして自分でマーカーを引いた部分を暗記していってください。

選択と集中」です。まだ10日あります。やりたいことはちょっとだけ我慢して、今日から勉強し始めるつもりでやってみてください。一点集中突破(三点かな?)です。36問正解すれば合格できるんです。

選択しなかった残りの3科目に未練を残してはいけませんよ。バッサリと切り捨てることが重要なポイントです。

タイプ3の人には健康の話はないのかって?

ちょっとくらい無理しても、きっと大丈夫!? 遅寝早起きで全力疾走してください。でも、前日はほどほどにね!



試験まで、あと10日・・・



<目 次>

テーマ : FP資格独学取得
ジャンル : 学校・教育

まるっと合格!第13回 「ついに公開!実技試験学習法!」の巻

中野克彦の2級100日合格プランニング
現役講師 の 中野克彦 が FP2級 を 独学 で まるっと合格 させてみせます!
おかえりなさい!

海外旅行はいかがでしたか。え?海外旅行になんていっていないって? では、かなりじっくりと勉強ができたわけですね・・・

ごめんなさい、ちょっとイヤミたっぷりな感じになっちゃいましたね。


これでは、子供の時、宿題でもそろそろやろうかな、と思っていた時に、母親から「さっさと勉強しなさい!」て、叱られた気分になってしまいますよね。やる気も一気にふっとんでしまう。

そんなことをしたかったわけではもちろんありません。その逆です。リセット・・・いやいや、リフレッシュできたことをプラスにとらえて、これから集中力を高めて、差し迫ってきた試験日まで、一気に駆け抜けていただきたいのです。


そうでした。実技試験の勉強方法でしたよね。

では、いきますよ。だまされたと思って、実行してみてください。信じる者は救われる!です。きっと(^_^;)


実技試験学習法・その1「何はなくとも、解答用紙

直近3回分の問題の解答用紙を手書きで構わないので、自分で作ってみてください。

時間のない今になって、そんなことできるか!!!

そう捉えないでください。実技試験は、学科試験と異なりその解答の仕方にバリエーションがあるんです。

○×問題と思いきや、×問題の誤った部分を指摘し訂正せよ、といったものや、計算問題ではその答えだけでなく計算式も記述させるものまであります。

計算結果の答えも単位に気をつけないと計算はあっているのに、不正解になってしまうことだってあるんです。

たとえば、解答用紙の単位が(万円)になっていたら、その答えが10万円の場合、100,000と書いたら間違いになってしまいます。

また、単位が(円)だったとしても、「10万」とは書かないで「100,000」と書くようにしてください。

そういった、細かな注意が実技試験には必要になるのです。解答用紙を作成することにより、その解答パターンと分量が把握できるというわけです。そして、それをコピーすれば、その後繰り返し実技試験を解くときの解答用紙としても活用できます。

一石二鳥でしょ。



実技試験学習法・その2「科目串刺し学習

直近3回の問題を、科目ごとに解いてみてください。つまり、実技試験の問題1は、いつもライフプランニングと資金計画なので、立て続けにライフの問題を解くということです。

これを問題5の相続・事業承継まで続けていきます。

3回分の各科目を串刺しにして勉強することで、その傾向を解きながら把握していきます
ちょっと宣伝になっちゃいますが、それを実施しているのが、毎回試験1ヶ月前あたりに開催している「2級実技試験対策・直前講座」なんです。

「音声CD講座」としてお届けしているので、それを活用していただくのも一つの学習方法です。すべて聞き終えるのに5時間かかりますが、iPod等の機能で2倍速で再生すれば、その半分の2時間半で、学科対策にもなる各科目の総復習と、実技試験を解くコツ、およびステ問などをズバッとお伝えしています。

もちろん、ご自身で学習していただくだけでも十分だと思います。無理に手に入れる必要はありません。念のため。



実技試験学習法・その3「ストップウォッチ・チャレンジ

さて、お次は各回の試験ごとに時間を計って解いていきます。でも、試験時間内に解くわけではありません。

ストップウォッチを用意し、スタートさせ、問題を落ち着いてじっくりと読み、解答していくんです。あせらず最後まで解いて、何分かかったのかを測定します。わたしはこれを「ストップウォッチ・チャレンジ」と呼んでいます。

これで、落ち着いて試験を受けたらどのくらいの時間がかかるのかを把握します。90分以上かかってしまった人は、それなりに問題を解いていくペース配分に気をつける必要があります。



実技試験学習法・その4「スプリント・トライ

最後は、スプリント・トライです。今度はじっくりではなく、全速力で各回の問題を解いていきます。

試験時間は90分ですが、50分くらいですべてを解き終わり、採点をして8割から9割近く正解できていれば、合格はもうすぐそこです。

9割なんて絶対ムリ!!!

いやいや、そんなことないんです。だって、これにトライするときは、もう同じ試験問題を2回も解いているんですよ。問題だって全部みなくても覚えていたりする。半分以下の時間で解ける人だって少なくありません。



いかがでしょう? だまされたと思ってやってみてください。信じる者は救われるです。きっとですけど(^_^;)

あ、ひとつ注意! ストップウォッチ・チャレンジやスプリント・トライをするときは、必ず新しく印刷した問題を使ってくださいね。まえの答えを消しゴムで消して、再利用するのはご法度です。

過去間違えた問題はちゃんと残しておくんです。人間、同じ問題をいつも間違えるものです。それをしっかりと自分で認識して、弱点を克服してください。これが実技試験学習の総仕上げになります。


あきらめずに、チャレンジしてみてください!
ちゃんと勉強すれば、合格できます。



試験まで、あと28日・・・



<目 次>

テーマ : FP資格独学取得
ジャンル : 学校・教育

まるっと合格!第12回 「もっとも危険な1ヶ月の過ごし方!」の巻

中野克彦の2級100日合格プランニング
現役講師 の 中野克彦 が FP2級 を 独学 で まるっと合格 させてみせます!
試験まであと1ヶ月!

もっとも危険な時期の到来です。そもそもFP技能士の試験はご存じのとおり、1月、5月、9月と年に3回の試験があります。どの回をとっても、1ヶ月前には、とてつもないイベントが待ち構えているのです。

      1月試験 → クリスマス、大掃除、お正月
      5月試験 → ゴールデンウィーク
      9月試験 → お盆、花火大会

そう、すべて長期のお休みが絡むのです。海外旅行を予定している方もいらっしゃることでしょう。

ね、見るからに危険な時期でしょ?


それまでに試験勉強をしっかりとやった人が、リフレッシュするのであれば、よりその後の集中力も高まり、合格へのラストスパートが切れそうですが、そうでない場合は、大変なことになる危険性があります。


微妙な仕上がり状態で、長期の海外旅行などにいってしまうと・・・そう、リフレッシュではなく、すっきりすっかりリセットされてしまうのです。日本に帰ってきて、時差ボケも手伝い、「そういえばFPの試験の勉強をしていたときもあったなぁ」などと、すでに過去のことのように思えてしまったりするんです。

なんと恐ろしやぁぁぁ


そうならないためには、帰ってきた時すぐに勉強に取り掛かれるように、やることを準備しておくんです。たとえば、直近の学科試験を一気に解いてみるとか、暗記すべきことを忘れていないか、チェックできるツールを用意しておくとか・・・

お勧めは、学科試験を時間を計ってといてみることですね。もちろん見ないでやるんですよ。最後に採点して得点もでますからね。現実の世界に一気に引き戻してくれます。


そして、大いに慌てて、そして焦ってみてください。でも、決してあきらめないでください。もう試験の申し込みはしちゃったんですから。あきらめたら試験料金も、いままで頑張った時間ももったいない。


慌てて、焦って、それを緊張感に変えてください。そして集中力を高めてください。試験直前は、勉強するときの「集中力」がものをいいます。だらだら勉強はもう終わりです。

集中力を高めたら、まずは直近3回の学科試験を解きまくってください。答えを覚えていたっていいんです。試験時間は2時間ですが、1時間で9割近く正解できるまで繰り返してみてください。

そしてその次は実技試験です。いいですか! 学科試験をやりまくった後に実技試験にトライすることをお勧めします。学科対策がしっかりできていれば、実技試験は解けます。実技試験の出題方法(パターン)と問題を解くコツさえわかれば、学科試験の知識で十分合格点を取ることができるんです。


次の「まるっと合格!」では、実技試験の勉強方法について書いていきます。

それまでには、できれば、希望としては・・・ある程度、学科試験対策を行っておいてください。つまり、直近の過去問題をある程度解いておいてほしいということです。ちゃんと時間を計ってです。


ではみなさん、海外旅行へと旅立ってください(笑)
たのしい旅でありますように。



試験まで、あと33日・・・



<目 次>

テーマ : FP資格独学取得
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Fp Support Party

Author:Fp Support Party


みなさま、こんにちは!


2級FP技能士試験は、3級に比べ学科も実技も広さと深さが増していますが、共通している部分もかなりあります。2級でしか勉強しない部分をまず押さえることが効率的に勉強をする方法の一つです。「独学」での合格も十分可能です。


CFP、1級FP技能士の資格を持つ、私たちのアドバイスをぜひお役立てください!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。