~ 2級FP技能士 独学合格への道 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2級FP技能士 2008年9月学科試験 問題 39

タックスプランニング

 消費税に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.消費税の納税義務者に該当するか否かを判定する基準期間とは、法人の場
  合は、課税期間となる事業年度の前事業年度をいう。
2.免税事業者が消費税課税事業者選択届出書を提出して課税事業者となった
  場合は、事業を廃止した場合を除き、2年間は免税事業者に戻ることはで
  きない。
3.基準期間における課税売上高が5,000万円を超える課税事業者は、簡易
  課税制度の適用を受けることはできない。
4.株式の売買手数料や土地の譲渡に係る仲介手数料には、消費税が課される。



中野克彦
 解説者:中野 克彦

   (経営コンサルタント、CFP(R)、1級FP技能士)




解答と解説 正解:1 【消費税】


3級では出題されない、消費税についての問題です。消費税も出題の範囲が限られています。ポイントを絞った学習が求められます。


1.×:基準期間とは、法人の場合は「前々事業年度」個人の場合hあ「前々
    年」をいいます。

2.○:簡易課税制度を選択すると、2年間は取りやめる事ができません。

3.○:簡易課税制度の適用を受けられるのは、基準期間における課税売上高
    が5,000万円以下の事業者です。

4.○:株式の売買手数料等の仲介手数料には消費税がかかります。



消費税は、日本国内の事業者が事業の対価を得た場合に通常課税されます。しかし、消費税が課税されない、非課税取引もあります。


(1) 課税売上高が1,000万円以下

課税期間の基準期間(前々事業年度)の課税売上高が、1,000万円以下の事業者は、消費税等の納税義務が免除されます。


    前々年    前 年    課税期間  
 ├──────┼──────┼──────┼───────
   基準期間
     ↓
   課税売上高
    1,000万円以下 ────→ 免税事業者
    1,000万円超  ────→ 課税事業者


(2) 資本金が1,000万円以上

新設法人の場合、基準期間が存在しません。その時は、資本金が免税か課税かの判断材料になります。


    前々年    前 年    課税期間  
 ├──────┼──────┼──────┼───────
   基準期間          新設法人 
     ↓
   存在しない          資本金
                  1,000万円以上 → 課税事業者



ここまではよろしいでしょうか。免税事業者と課税事業者かの判断ができるようになることがポイントです。同じ1,000万円ですが、課税売上高と資本金と、その内容は全く異なっている点に注意してください。


次は、消費税の納付税額の計算についてです。

消費税の税率は4%であり、そのほかに1%(消費税の25%)の地方消費税があります。モノを仕入れて販売する小売店の場合、仕入れるときには、消費税を支払いますが、モノが売れた場合は、お客さんから消費税を受け取ります。

この場合、小売店が納付する消費税額は、次のようになります。

  ┌────────────────────────────┐
  │消費税額   = 課税売上高×4% ? 課税仕入高×4%│
  │地方消費税額 = 消費税額×25%           │
  └────────────────────────────┘

これだけ見るとシンプルですが、売上から差し引くものは仕入原価だけではありません。たとえば、光熱費などもあります。光熱費にも消費税はかかりますが、売上とは関係ないので、課税仕入高の消費税には含めません。

細かく計算しようとすると、なかなか複雑になってくるのです。そこで、簡易課税制度というものがあります。


(3) 課税売上高が5,000万円以下

課税期間の基準期間における課税売上高が5,000万円以下の事業者は、簡易課税制度を選択することができます。

    前々年    前 年    課税期間  
 ├──────┼──────┼──────┼───────
   基準期間
     ↓
   課税売上高
    5,000万円以下 ────→ 簡易課税制度


簡易課税制度とは、卸売業や小売業など、業種に応じた「みなし仕入率」というものを使い、簡便的に消費税額を計算しようというものです。この制度適用を受けるには、「簡易課税制度選択届出書」を提出する必要があります。この制度を選択すると、原則2年間は取りやめることができません。

  ┌──────────────────────┐
  │第1種(卸売業)・・・・・・・・・・・90%│
  │第2種(小売業)・・・・・・・・・・・80%│
  │第3種(農業、製造業、建設業等)・・・70%│
  │第4種(飲食業、金融・保険業等)・・・60%│
  │第5種(不動産業、サービス業等)・・・50%│
  └──────────────────────┘
         ↓   ↓   ↓
  ┌────────────────────────────────┐
  │消費税額  =課税売上高×4%?課税仕入高×みなし仕入れ率×4%│
  │地方消費税額=消費税額×25%                 │
  └────────────────────────────────┘


最後に、確定申告と納付についてですが、

 事業者   : 課税期間終了後2カ月以内 → 確定申告書を提出
 個人事業者 : 翌年3月31日まで    → 確定申告書の提出と納付期限



 ─────── COPYRIGHT (C) Katasuhiko Nakano All Rights Reserved. ───────
スポンサーサイト

テーマ : FP資格独学取得
ジャンル : 学校・教育

2級FP技能士 2008年5月学科試験 問題 38

タックスプランニング

 下記の<A社資料>に基づくA社の交際費の損金不算入額として、正しいも
のはどれか。

┌─────────────────────────────────┐
│ <A社資料>                          │
│ ・事業年度平成19年4月1日?平成20年3月31日       │
│ ・期末資本金額  2億円                    │
│ ・交際費の金額  500万円(全額が税務上の交際費に該当する) │
└─────────────────────────────────┘

1.  50万円
2. 100万円
3. 140万円
4. 500万円



中野克彦
 解説者:中野 克彦

   (経営コンサルタント、CFP(R)、1級FP技能士)




解答と解説 正解:4 【損金不算入の交際費】


3級では出題されない、法人税についての問題です。法人税はとても深い分野で、そう簡単にマスターすることはできませんが、2級の出題範囲をみると限られているのが分かります。

   <法人税の出題ポイント>
  ┌─────────────────────┐
  │・「収益・費用」と「益金・損金」の違い  │
  │・損金不算入となる費用(代表例が交際費) │
  │・法人税の申告、納付           │
  └─────────────────────┘


今回は、上記ポイントのうち「損金不算入」の代表例である交際費について取り上げてみました。

企業会計上、交際費は全額費用として計上することが可能ですが、税務上は、企業の資本金や交際費の額により、一定の制約があります。


   <交際費>
  ┌────────────────────────────┐
  │●資本金1億円超の企業                 │
  │     → 交際費は全額、損金不算入         │
  │                            │
  │●資本金1億円以下の企業                │
  │  交際費400万円以下 → 90%が損金算入     │
  │               残りの10%は損金不算入 │
  │  交際費400万円超  → 損金不算入        │
  └────────────────────────────┘


日本の企業はおよそ225万社あります。そのうち資本金が1億円を超える企業は、4万社足らずです。つまり、ほとんどの企業が1億円以下の企業になります。

ファイナンシャル・プランナーとしては、個人事業主が法人成りをした場合を考え、「1億円以下の企業」についてある程度の知識が求められます。よって、2級での出題はほぼまちがいなく「1億円以下の企業」について問われてきます。


しかし、本問はなんと資本金の額が「2億円!」なのです。当然、全額が損金不算入になります。

期末の資本金が2億円 → 交際費500万円は全額損金不算入


よって、選択肢「4」が正解になります。


これでは、勉強にならないので、本問の企業の資本金が1,000万円だったと仮定して、考えてみましょう。


  │←───────── 500万円 ──────────→│
  ├──────────────────────┬─────┤
  │                      │     │
  │        400万円         │100万円│
  │                      │     │
  ├──────────────────────┼─────┤
  │          ↓           │  ↓  │
     400万円×(1?90%)が損金不算入  損金不算入


よって、この場合、140万円が損金不算入の額になります。選択肢でいうと「3」になります。



 ─────── COPYRIGHT (C) Katasuhiko Nakano All Rights Reserved. ───────

テーマ : FP資格独学取得
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Fp Support Party

Author:Fp Support Party


みなさま、こんにちは!


2級FP技能士試験は、3級に比べ学科も実技も広さと深さが増していますが、共通している部分もかなりあります。2級でしか勉強しない部分をまず押さえることが効率的に勉強をする方法の一つです。「独学」での合格も十分可能です。


CFP、1級FP技能士の資格を持つ、私たちのアドバイスをぜひお役立てください!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。