~ 2級FP技能士 独学合格への道 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2級FP技能士 2008年5月学科試験 問題 5

ライフプランニングと資金計画

 雇用保険の基本手当の受給対象者のAさん(43歳)に対して行った次
のアドバイスのうち、最も不適切なものはどれか。なお、基本手当に関し
て、各選択肢に記載されている以外の受給要件はすべて満たしていること
とする。

1.基本手当を受給するためには、住所地を管轄する公共職業安定所に行き、
  求職の申込みを行ったのち、離職票を提出しなければならない。
2.基本手当の支給を受けるためには、一定期間ごとに公共職業安定所に行き、
  求職活動を行ったことを証明して失業の認定を受ける必要がある。
3.公共職業安定所への求職の申込みが遅くなると、所定の給付日数分の基本
  手当を受けることができないこともある。
4.基本手当の日額は、離職日以前3ヵ月間に支払われた賃金総額を90で除
  して求める。



中野克彦
 解説者:中野 克彦

   (経営コンサルタント、CFP(R)、1級FP技能士)




解答と解説 正解:4 【雇用保険の基本手当】


 2級の学科試験では、あえて出題の少ない雇用保険を選んでみました。出題が少ない分、あまり勉強をしていない方もいるのではないかと思ったのがその理由です。この問題を通して、基本手当についてマスターしておきましょう。


1.○:基本手当を受給するためには、公共職業安定所に離職を提出する必要
    があります。

2.○:基本手当の支給を受けるためには、指定された日(4週間に1度)に
    管轄の公共職業安定所に行き、失業の認定を受ける必要があります。

3.○:基本手当を受給できる期間は、原則、離職の翌日から数えて1年間で
    す。この期間を過ぎると、基本手当を受けることができなくなってし
    まいます。

4.×:基本手当の日額は、離職日以前の6ヶ月間に支払われた賃金総額(賞
    与等は除く)を180で割って算出します。


2級試験で出題される雇用保険は。失業等給付になります。失業等給付は、求職者給付、就職促進給付、教育訓練給付、雇用継続給付の4種類があります。今回はその中の求職者給付についての出題です。

求職者給付の基本手当を受けることができるのは、倒産、解雇等による離職者である特定受給資格者、障害者等の就職困難者、これら以外の受給資格者になります。試験対策としては、特定受給資格者、一般の受給資格者になります。


基本手当



(1) 受給資格要件

 一般受給資格者:離職の日以前2年間に、被保険者期間が通弾で12か月以上あること
 特定受給資格者:離職の日以前1年間に、被保険者期間が通弾で6か月以上あること


(2) 受給手続

        離 職
         ↓
   求職の申込み(離職票が必要)
         ↓
      受給資格の決定↓
         ↓
 対象期間内に原則2回以上の求職活動←┐
         ↓         │
 失業の認定(4週間に1回ずつ行う) │
         ↓         │
      基本手当の支給──────┘


(3) 賃金日額と基本手当の日額

         直近の6ヶ月間の賃金総額(賞与除く)
 賃金日額 = ───────────────────
               180日

 基本手当の日額 = 賃金日額 ×(80/100?50/100)・・・60歳未満
                 (80/100?45/100)・・・60?65歳未満


(4) 待機期間と給付制限

 求職の申込みをした日以後、失業している日が通算して7日に満たない間は基本手当は支給されません。これを待機期間といいます。

 自己都合によって離職した場合、待機期間が満了したあと、最高3ヶ月間は、基本手当が支給されません。これを給付制限といいます。


(5) 所定給付日数

 受給資格者が基本手当の支給を受けることができる日数をいいます。
一般の受給資格者は被保険者期間によって、特定受給資格者は、被保険者期間と年齢によって所定給付日数が異なります。


さて、雇用保険の基本手当について整理してみました。過去問題は問題を単純に解くだけでなく、出題されたテーマについてしっかりと整理しておくことが大切です。


 ─────── COPYRIGHT (C) Katasuhiko Nakano All Rights Reserved. ───────

テーマ : FP資格独学取得
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Fp Support Party

Author:Fp Support Party


みなさま、こんにちは!


2級FP技能士試験は、3級に比べ学科も実技も広さと深さが増していますが、共通している部分もかなりあります。2級でしか勉強しない部分をまず押さえることが効率的に勉強をする方法の一つです。「独学」での合格も十分可能です。


CFP、1級FP技能士の資格を持つ、私たちのアドバイスをぜひお役立てください!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。